杉並リハビリテーション病院

リハビリテーション科

Your Smile, Our Happiness

リハビリテーション科集合写真

理念は “Your Smile , Our Happiness”

回復期リハビリテーション病棟2つからなる当院は、質・量とも高いレベルのリハビリテーションを患者様へ提供しなければなりません。その為には多くのセラピストが必要となりますが、その人財が同じ方向性を持つことが重要です。

“Your Smile , Our Happiness” 文字通り、患者様・ご家族を笑顔にする。幸せにする為に我々は汗を流します。患者様・ご家族にとって何が、どうなることが幸せなのか、入院当初から、時には入院前から一緒に考えることを惜しみません。患者様・ご家族の笑顔に出会えた時、我々は幸せを実感できると考えています。

リハビリテーション科長
リハビリテーション科・係長

管理者 OT

宮坂祐規

社会情勢から我々に求められていること

回復期リハビリテーション病棟は、①在宅復帰、②寝たきり防止、③日常生活自立度の向上を目的として、2000年に整備された病棟です。その後、量的指標(365日リハ実施、1日提供リハ単位数etc)や質的評価(在宅復帰率、重症者改善率etc)が追加され、2016年には更に高い質を問う、回復期アウトカム評価が導入されました。これらのことから、回復期リハビリテーション病棟は、より早くに急性期から患者様を受入れ、早い在宅復帰を実現しなければならないこと、重症患者様であっても多職種が連携、叡智を結集することで、できる限りの自立度向上、介助量軽減、在宅復帰を目指すことが望まれています。

当院は重症患者様受入、日常生活自立度改善率等において、全国平均を上回っており、回復期リハビリテーション病棟に求められる機能・役割を果たしていると自負しています。今後も時代に、地域に必要とされる回復期リハビリテーション病棟であり続けます。

地域資源として

地域包括ケアの時代、当院の人財である多くのセラピストは杉並区/西荻地域においても大切な医療資源です。

当院は回復期リハビリテーション機能に特化しており、地域に貢献できるサービスは決して多くはありません。しかしながら、健康寿命延伸に寄与できるセラピストは地域包括支援センター(ケア24)の協力を得て、病院外でも活躍しています。

回復期リハビリテーション病棟ですから、在宅復帰を目指すことは勿論、地域に戻った後、ひとりの生活者としてイキイキ暮らすことができるか、例えば運動習慣をつくって、病気や怪我の再発予防を自らできるようセルフマネジメントができるか、このような視点をもつことが大事だと考えています。

2020年度テーマは・・・

「Re:Start It」~1つ上の回復期リハを目指して~

「Re」とは、再びや新たに。「Start It」とは、始めよう。
2020年度リハビリテーション科テーマは、「Re:Start It」。1つ上の回復期リハを目指して、「再構築」「新たなスタート」の2つをテーマに力を合わせています。
1つ上の回復期リハビリテーションとは何なのか?それに応えることができるセラピストとは何なのか?まずは、専門職として期待されていることを知る。そして、その役割を自覚し行動に移すことが大事だと思います。
そのために今年度は、自分たちの業務を振り返り「作り直す」こと、また、「新たな挑戦」をしていくことをテーマに各部門で『Mission』を打ち出しました。

PT部門

強み:「結果が出せる治療」「退院後の生活/人生を見据えた治療プランの立案」

➡戦略:実技メインの勉強会、各チームでテーマを決めた勉強会

Mission:「For The Perfect Skill ~1つ上の技術力獲得を目指して~」

OT部門

強み:「ADLや身体機能、余暇活動など各自が得意な事・好きな事を臨床で活かしている」
   「身体機能、日常生活動作、高次脳機能など幅広い視点があるところ」

➡戦略:楽しくOTをやるために得意な所・好きな所を伸ばす為の知識・技術向上、集団活動の実施

Mission:「Re:make life~踏み出そう1歩先の生活へ~」

ST部門

強み:「チームワーク良好」「意見を交わしやすい」「地域活動への参加」「集団リハの実施」

➡戦略:失語症・嚥下障害・高次脳機能障害の勉強会、症例検討会

Mission:「Step By Step~存在感のあるSTを目指して~」

各部門の役割を理解し、個人が専門職として自信を持って行動を起こし連携する。
私たちは、「患者様、ご家族を笑顔にする」ために成長していきます。